安心安全な厳選ショップ、お薦めは有機ヨード、フルボ酸、美流すっぽん、サメ軟骨です。

kounou

文字サイズ:

 すっぽん 効果効能

すっぽん料理は強精・強壮に特効のある料理として世界に知られています。
中国では3000年前の周時代に王室の膳に供せられ、以来滋養強壮・不老長寿の保健食として珍重されていました。
特に中国料理のスープでは漢方薬としての効用が認められ、鯉の生き血と並んで、強精の用をなしています。
また、フランス料理でもすっぽんのコンソメが一級の料理とされ、スープの主要素材として栄養を逃がすことなく料理されています。

すっぽんはカルシウムやたんぱく質、特に必須アミノ酸やビタミンが豊富で、栄養価が高く、動物でありながらその脂肪は植物性油脂と同じ不飽和脂肪酸で、リノール酸を多く含んでいます。

 栄養的特徴

  •  たんぱく質 すっぽんのタンパク質はアミノ酸が豊富で、エキスの分析結果ではアルギニン・リジン・ヒスチジン・フェノールアラニン・チロシン・ロイシン・グリシン・アラニンなど18種に及ぶアミノ酸を組成している。
    体内では8種類ほどの必須アミノ酸は体内では作れません。
    詳しくは 女性にアミノ酸 のページで詳しく紹介しています。
  •  カルシウム カルシウムの含有量が高い。すっぽんの骨や甲羅の成分のみならず、肉の部分にも多く含まれているもので、細胞間質液をアルカリ性に保ち、心筋の収縮を活発にする作用がある。さらに、神経の働きにも影響し、ストレスへの対応には欠かせないものです。
  •  ビタミン類 B1、B2、B6、葉酸、パントテン酸などを含む。
  •  ミネラル類 鉄分とナトリウムが非常に多く、造血作用を活発にする効果が期待できる。
  •  オイル   すっぽん油は動物でありながら不飽和脂肪酸を多く含んでいる。不飽和脂肪酸は血中コレステロールの増加や血管への沈着を防ぎ、動脈硬化、脳卒中予防に期待できる。
  •  すっぽんのコレステロールは
      ① 胆汁の合成素材として
      ② 細胞膜を作る構成成分のひとつとして
      ③ 性ホルモンや副腎皮質ホルモンが体内で合成されるときの素材として
     この様に重要な役割を持っている。

このコレステロールがホルモンを合成するときに、すっぽん肉に含まれる酵素活性ビタミン郡が加わり、美と滋養強壮に良いと考えられています。   
  

すっぽんショップ すっぽんをもっと詳しく

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional